経済をバラエティー感覚で学ぶ!MCはひろゆきと成田悠輔。YouTubeチャンネル「日経テレ東大学」が目指す先

2021年4月、「本格的な経済・ビジネスを、もっと楽しく学ぶ」をテーマに、日本経済新聞社とテレビ東京コミュニケーションズがコラボしたYouTubeチャンネル「日経テレ東大学」(※登録者数36.9万人 3月29日現在)がスタート。

両社のデジタル事業部が一緒にプロジェクトを立ち上げるのは、初の試み。そこで、動画制作をテレビ東京の制作局に依頼。チャンネルの企画・製作統括を、『家、ついていってイイですか?』などを手掛けたテレビ東京・高橋弘樹プロデューサーが務めている。

202203311700_01.png
チャンネルを代表するメインMCは、ひろゆき、成田悠輔、入山章栄教授ら錚々たる顔ぶれ。岸田文雄首相(※出演時は総裁候補)から華原朋美に至るまで幅広いジャンルの豪華ゲストを迎え、討論番組はもちろん、経済情報を気軽に楽しめるコンテンツを続々配信している。

「テレ東コンシェルジュ」は、番組製作統括を務める高橋さん、日経テレ東大学プロジェクトを手がける日本経済新聞社・佐々木康さん(プロデューサー)、テレビ東京コミュニケーションズ・曹ちゃおさん(プロデューサー)を取材。ビジネスが立ち上がるまでの経緯や苦労、コラボ成功の秘訣など、話を聞いた。

202203311700_02.png▲左から、佐々木さん、高橋プロデューサー、曹さん



正直、キャスティングに懸念がなかったといえばウソになる


――「日経テレ東大学」はどのようにして生まれたのでしょうか。

佐々木「きっかけは、『日本経済新聞 電子版』のユーザー数や層をさらに拡大したいと考えたことです。データを見てみると年齢の高い読者が多く、一方で、若年層ビシネスパーソンが少ない。改善したかったのはそこです。
とはいえ、この現象は日本経済新聞に限ったことではなく、若い世代で『こういう難しい内容を読んだりするのが苦行です』と話す方もいました。実は経済やビジネスは、最高のエンターテインメント。食わず嫌いしていたけど、本当は楽しいものなんだということをより多くの人に伝えたかった。
そこでSNSや動画を使った取り組みの充実を考えていたとき、グループ会社であるテレビ東京のことが頭に浮かびました。『なんだ、映像のプロがすぐそばにいるじゃないか』と。ただし"楽しく見てもらう"がテーマなので、報道ではなくバラエティーの制作陣に話を振るという変化球を投げてみました。制作の皆さんは意外と興味を持ってくださり、一際乗り気だったのが高橋さん。『今日からやりましょう!』とまで言ってくれましたよね(笑)」

高橋「あの日本経済新聞社が報道じゃなく、エンタメのところに来るって相当変わっている(笑)。面白そうだなと思いました」

――これまで、どのようなご苦労がありましたか。

高橋「スタート当初、再生数は散々で...。"深くて教養のある内容なら受け入れてもらえる"と思っていましたが、そんなに甘いものではないと痛感しました。テレビの場合、いいものを作ればそれなりに手応えがありますが、YouTubeにはさらなる工夫が必要だなと。
最初から笑いの要素などエンタメの技法を取り入れていましたが、それだけではダメ。工夫を重ねるうちに『いったい誰がこのゲストを推薦しているのか』が大事だと気づきました。なので今は、"この人がレコメンドするなら話を聞きたい"という目線を強く入れる番組作りを心がけています。その『誰』は、今ならひろゆき(西村博之)さんと成田悠輔さんですね」

「"苦労は?"と聞かれて真っ先に思い浮かんだのが、今ではチャンネルの名物キャラになり、冠番組まで持つようになった着ぐるみ『ピラメキパンダ』です。この着ぐるみが登場したのは、『FACT LOGICAL』や『Re:Hack』の前身番組『FACT&BEYOND』からですが、実は当初、日本経済新聞社とテレビ東京コミュニケーションズは真面目な討論番組を制作しようとしていました。そこへ高橋さんが、『ありきたりではつまらないから着ぐるみを出そう』と。もちろん最初は大反対です(笑)。 結局出演が決まりましたが、今や"ピラメキパンダ 中の人"と検索され(笑)、コアなファンがつくほど。正直想定外で、高橋さんの発想のすごさを思い知らされました」

202203311700_03.png
――先ほど、ひろゆきさんや成田さんの名前が出ましたが、キャスティングした理由は?

高橋「成田さんは人づてに『変わった人がいる』と聞いたので、出演動画を拝見し、成田さんが執筆した文章も読みました。そこで『この人はヤバい』と感じ、すぐにオファーしました。なんというか...成田さんは詩人だと思います。言葉を使って社会を変えようとしている。配信動画では、耳から入る情報も強力な武器になるので適役です。
ひろゆきさんは、そもそも僕が2ちゃんねる(現5ちゃんねる)が好きだったということもあります。僕の中で彼はネットのカリスマ。ですから自然な流れといいますか、"やるなら声をかけたいな"と。

お2人は他の人にないものを持っていると思います。それは、日本に対してしがらみが少ないこと。成田さんは日本のアカデミー業界に忖度する必要もないし、ひろゆきさんは、最悪全ての日本国民に嫌われても構わないとすら思っています。だからこそ、誰にも気を使わず、しがらみなく意見できる。そこが痛快だし、面白い」

佐々木「ひろゆきさんは過激な発言をするイメージがあったので、正直キャスティングについて、懸念がなかったといえばウソになります。ところがひろゆきさんは、初収録の場で、誰よりも番組の趣旨を理解し、その上で発言されていたのでとても驚かされました。一気に印象が変わりましたね。ひろゆきさん、成田さんは自分勝手なイデオロギーではなく、世の中のデータをもとにお話をされるので、番組を任せても大丈夫という安心感があります」

高橋「とはいえ『Re:Hack』では、一時キャスティングに苦労しました。MC2人による遠慮のない意見が原因なのか、永田町界隈の方々が一斉に潮を引いたように出演を拒否するようになったのです。ですが、実際にゲスト出演した方の多くは、かなり満足して帰っていただいています。特に竹中平蔵さんは、出演後、番組を気に入ってくださり、ひろゆきさんのことを評価する発言も増えています」

202203311700_04.png

「バチバチしている部分はありますが、番組の基本スタンスとして、ゲストの魅力を引き出す努力を忘れてはいません。結果今では、国政政党の党首が自ら出たいと連絡をくれるようなメディアに成長することができました」

「日経テレ東大学」を本物の学校に


――日本経済新聞社×テレビ東京コミュニケーションズのコラボが成功した理由はどこにあると思われますか。

「両社のデジタル事業部同士が一緒にプロジェクトを立ち上げるのは、初の試みでした。どちらのデジタル部署にも共通するのは、新しい物事に対して積極的でスピード感があること。通常の部署だと共有と確認で1ヵ月かかるところを、極端にいえば1分で判断できる。それが今の事業をスムーズに進めている理由の一つだと思います」

高橋「我々制作側の下品なところに(笑)日本経済新聞社側が理解を示してくれた点も大きい。『Re:Hack』には岸田文雄首相(※出演時は総裁候補)にも出演していただきましたが、これは日本経済新聞社というブランドがあるからこそ実現できた。互いの得意分野をリスペクトする姿勢が、これまでにない番組作りを可能にしているのではないでしょうか」

202203311700_05.png
――「日経テレ東大学」は、スポンサーとタイアップするライブ配信も行っていますが、どのような反応がありましたか。


「タイアップ動画の視聴回数は好調に伸びていて、より多くの方に訴求できるとスポンサーから評価をいただいています。他の経済メディアと比較しても、これほど結果を出せるものはあまりないはずです。
バラエティーに強い制作陣の人脈から通常の経済番組ではオファーできないようなタレントを呼び、これまでにない層へアプローチできるのも大きい。加えて『日経テレ東大学』をスポンサードしていただくことにより、テレビ東京側だけでなく、日本経済新聞社側への露出が可能になるのも強みと言えます」

佐々木「例えば、幅広いジャンルの情報を提供しているサイト『NIKKEI STYLE』でコンテンツを配信する、『日本経済新聞 電子版』にバナーを出すなどが可能です。日経グループがネット上で展開するさまざまなサービスを利用する際に必要な『日経ID』と紐づけすることにより、ターゲットを絞った訴求もできます」

――今後の展開は?

佐々木「『日経テレ東大学』はまだ道半ばですが、経済やビジネスの世界にはこんなにすごい人がいる、日本にはこんな問題があるなど、多くの人に意識してもらうきっかけを提供することができている。今後は問題提起だけでなく、社会にインパクトを与えて、より良い方向に変えていけるような取り組みをしていきたいと考えています」

高橋「当初から僕の中の目標として、『日経テレ東大学』をリアルな学校にしたいという思いがありました。コロナ禍の今は難しいですが、いずれはみんなが集まり、討論するようなリアルな場を作りたい。
大学では政治経済学部に入りましたが、いまだに"大学でもっと進んで授業を受けていれば良かった..."という後悔があります。目の前で起きている経済事象や裏にある国際関係のシステムなどを当時から勉強しておけば、今の社会を見る目も違っていたんだろうなと。
同じように感じる人は多いと思いますが、社会人になって気軽に学べる場はなかなかないのが実情。自分で勉強するにはハードルが高い"経済やビジネス"を楽しく気軽に学べるようなコンテンツを作り続け、ゆくゆくはみんなが集まる仕組み作りに挑戦したい。その先に"ビジネスとして、ちょっとお金もうけができればいいな"という感じですね」

【高橋弘樹 プロフィール】
テレビ東京 制作局プロデューサー。早稲田大学政治経済学部卒業。2005年、テレビ東京に入社。『空から日本を見てみよう』『家、ついて行ってイイですか?』『ジョージ・ポットマンの平成史』『吉木りさに怒られたい』などを担当。『日経テレ東大学』企画・製作統括も務める。
著書に、「博報堂生活総研のキラーデータで語るリアル平成史 」(共著。星海社新書)、「都会の異界 東京23区の島に暮らす」(産業編集センター)、「1秒でつかむ 「見たことないおもしろさ」で最後まで飽きさせない32の技術」(ダイヤモンド社)、「TVディレクターの演出術: 物事の魅力を引き出す方法」 (ちくま新書)など。

【佐々木康 プロフィール】
日本経済新聞社 デジタル事業デジタル編成ユニット所属。同社の国内外のサービスの企画開発や新規事業を担当。「日経テレ東大学」プロデューサー。

【曹ちゃお プロフィール】
テレビ東京コミュニケーションズ メディア事業開発本部 ビジネスデザイン部所属。オンライン番組やイベントの企画開発、ベンチャー・スタートアップへの出資、アライアンスなど、「デジタル」を軸にさまざまな新規事業に取り組む。特に注力しているのは経済メディアへのアプローチで、大型ビジネスイベント「Reversible World」や「テレ東BIZ」のトーク番組「SURVIVE2030」などのプロデューサーも務める。

【テレビ東京コミュニケーションズだからできること】
「テレビ東京グループでデジタル戦略の中心を担う会社です。経済領域を中心にメディアのアップデートを目指し、事業創出をしています。デジタル領域に関するプロフェッショナルが集まっているので、新たな発想とエンタメ性、コンテンツ制作力、映像コンテンツと掛け合わせ、多方面へのアプローチをご提案差し上げます。ご興味を持たれた企業様、お気軽にお問い合わせください」

「日経テレ東大学」とのコラボ、広告に関するお問い合わせはこちら

日経テレ東大学YouTubeチャンネル

テレビ東京が提供する各種プロモーションサービスのご利用に関するお問い合わせ・ご相談はこちら